サロン用カラー剤でセルフカラー|失敗したくないアラサーの経験談

美容のこと

サロン用カラー剤でセルフカラーをするか悩んでいませんか?本記事では、アラサー会社員の筆者が使ってよかったサロン用カラー剤やセルフカラーに必要なモノ、商品の購入方法をご紹介します。セルフカラーをしたいけど、失敗したくない!というあなたは必見です。

サロン用カラー剤でセルフカラーをしようかな、と思っているんですが、失敗しないか不安です。

こんにちは、アラサー会社員のじゃねっとです。ここ1年ぐらいはサロン用カラー剤でセルフカラーをしています。美容師さんにも褒めてもらいました!
実際に使っている商品など、私の経験談をご紹介します。

私が使用した商品を先に知りたい方はこちら↓

目次

  1. サロン用カラー剤でセルフカラー【失敗したくないアラサーのイチオシ商品】
  2. サロン用カラー剤でセルフカラー【必要なモノ】
  3. サロン用カラー剤でセルフカラーする手順
  4. サロン用カラー剤やセルフカラーに必要なモノはどこで購入できる?
  5. まとめ

サロン用カラー剤でセルフカラー【失敗したくないアラサーのイチオシ商品】

ミルボン オルディーブ ハーフトーン

いつもわたしが使っているサロン用カラー剤がこちら。

ミルボン社オルディーブハーフトーンという商品です。

ミルボンはシャンプーなどでも有名な会社です。

ネットでサロン用カラー剤を調べたら山ほど出てきて、素人にはどれがいいのか分かりませんよね。

このサロン用カラー剤にした理由ですが、

ネームバリューがあって、インスタで美容師さんがミルボン社のカラー剤を紹介されていたからです。

髪の毛のダメージを気にされている方はハーフトーンがおすすめです。

やっぱり老舗だと安心感がありますね!

サロン用カラー剤でセルフカラーを1年続けてみた感想

サロン用カラー剤は期待以上にいいです!

具体的には、

  • ド素人のわたしでも、美容師さんに褒めてもらえるぐらい綺麗に染められる
  • ドラッグストアなどの市販のカラー剤と違い、カラー剤の独特な匂いがほとんどしない
  • 染めた後も髪の毛がパサつかない
  • 必要なモノを全部揃えても4千円いかないので、節約になる
  • 道具などは使い回しできるので、コスパもいい

へぇ〜美容院だとトリートメント代と合わせて1万円ぐらいするので、かなりお得ですね!

いいところも多いですが、カラー剤選びだけはけっこう悩みました、、、

カラー剤選びについて、わたしなりのアドバイスをお伝えしますね。

サロン用カラー剤選びはこうすればいい!

ブランドはサッと決めて、カラーで悩むぐらいが素人にはオススメです。

というのも、サロン用カラー剤は数えきれないぐらい商品があるので、悩んでいる時間がもったいないです。

なので、先にメーカーを選んで、自分が好きな商品、カラーを選ぶのをおすすめします。

わたしは1週間ぐらい調べましたが、けっきょく違いがよく分かりませんでした(汗)

一つの商品でもいろんなカラーやトーン(明るさ)があります。

わたしの場合、カラーの名前と公式サイトのカラー見本を見て、無難そうなブラウンを選びました。

ピンク系のブラウンなどもありますが、失敗したくないなら冒険しない方がよさそうです。

美容師さんはカラー剤を3色ぐらい混ぜていますが、知識もないので1色で染めました
1色でもキレイに染まりました♪

サロン用カラー剤でセルフカラー【必要なモノ】

必要なモノをまとめますと、

  1. サロン用カラー剤(1剤)
  2. オキシダン(2剤)
  3. ハケ
  4. カップ
  5. ビニール手袋
  6. ヘアカラー用クロス
  7. はかり

です。

サロン用カラー剤には1剤と2剤があり、両方必要です。

なるほど〜たしかに、ドラッグストアのヘアカラーでも1剤と2剤が入っていました!

必要なモノについて、もう少し詳しく教えてください!

ご参考までに、一つずつご紹介しますね。

サロン用カラー剤(1剤)

ブラウンなどヘアカラーの色を決める薬剤のことです。

「1剤」と言って、歯磨き粉のようなチューブに入っています。

色味とトーンの両方を決める必要があります。

ちなみに、わたしはミルボン オルディーブ ハーフトーンニュートラルブラウン(8-NB)を愛用しています。

8トーンなので、落ち着いた髪色に仕上がります。(染める前の髪色によって、個人差があります)

このサロン用カラー剤(1剤)だけでは染められないので、注意してください。

オキシダン(2剤)

サロン用カラー剤(1剤)と混ぜる、薬剤です。

オキシダンという薬剤で、「2剤」と言われます。

オキシダンは3%、5%、6%の3種類あります。

ヘアカラーを濃く入れたい場合は、6%を使うことになりますが、数字が上がるにつれダメージも強くなります。

美容院では2種類混ぜて、4.5%のオキシダンを使うこともあるそうですが、プロでもないので2種類も揃える必要はないかなと思います。

私は一番ダメージの少ない3%のオキシダンを購入しました。1リットルも入っているので、何回も使えます♪

ハケ

カラー剤を塗るためのハケです。

百均でも売っているようですが、ムラなく仕上げたいので私はプロ用を購入しました。

プロ用でも500円もしませんでした。

カップ

1剤と2剤を入れるカップのことです。

気にならないようであれば、ご自宅にあるモノで代用も可です。

ビニール手袋

カラー剤が皮膚に付くとよくないので、手袋も必要です。

薄いビニール手袋だと不安なので、美容師さんが使っているような厚手の手袋があると安心です。

ヘアカラー用クロス

服や体にカラー剤がつかないためのエプロンのようなものです。

ゴミ袋や古着で代用できますが、専用のものがあれば安心です。

はかり

1剤と2剤を測るのに使用します。

デジタル表示のはかりが見やすくてオススメです。

サロン用カラー剤でセルフカラーする手順

サロン用カラー剤でセルフカラーする手順は商品の箱にも書いてあります。

  1. カラー剤が皮膚につかないように、フェイスラインにクリームを塗ります。
  2. 1剤と2剤を1:1で配合し、混ぜます。1剤が80g入りなら、2剤も80g必要です。
  3. あとは素早くカラー剤を塗って指定の時間、放置します。※放置時間は商品の箱などに書かれています。
  4. 時間がきたら、お湯を髪の毛に少量加えて揉みます。(乳化)
  5. 乳化したら、あとはお湯で洗い流します。
  6. しっかり洗い流した後、シャンプーを2回します。
  7. シャンプーのあとはよくトリートメントをして完成です!

美容師さんは髪の毛をブロッキングして染めていますが、私はそのまま染めました。

サロン用カラー剤やセルフカラーに必要なモノはどこで購入できる?

サロン用カラー剤ってどこで売っているんですか?

セルフカラーに必要なモノはすべて、Amazonや楽天などで購入できます。

まとめ

今回は「サロン用のカラー剤でセルフカラー|失敗したくないアラサーの経験談」というテーマで、解説しました。

ド素人の私でもうまくできたので、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ありがとうございました!早速、ネットで見てみます♪