ウーバーの使い方|予約から実際に使ってみた感想

海外旅行お役立ち情報

ウーバーを使ったことはありますか?

今回は、

「ウーバーの使い方は?」
「ウーバーの料金は?」
「ウーバーを使ってみた感想は?」

といった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  1. ウーバーとは
     ウーバーの料金
     ウーバーの安全性
     ウーバーを使うメリット
  2. ウーバーの使い方
     ウーバーのアプリをダウンロード
     ウーバーの予約の仕方
      目的地を入力
      車種を選ぶ
      予約を確定する
  3. ウーバーを利用した感想

2019年のゴールデンウィークに、ニューヨークでウーバーを使った経験を基に解説していきます。

スポンサーリンク


 

1.ウーバーとは

ウーバー(Uber)とは、自動車配車サービスのことです。

スマートフォンのアプリを使って車を呼び、目的地まで送ってもらえるサービスです。

タクシーと違う点は、ウーバーのドライバーは一般人であるところです。


 

ウーバーの料金

ウーバーの料金はタクシーと同じで、移動距離により決まります。

また、利用する車の種類によっても料金が変わってきます。

予約の際、高級車も選択できますが、一般車よりも割高になります。

逆に他の方と乗り合いにすると、安く利用できますよ♪

ただし、場合によってタクシーの方が安いこともありますので、注意しましょう。

ウーバーを予約する前に、グーグルマップでタクシー代を検索するのがおすすめです。


 

ウーバーの安全性

安全性は大丈夫なのか、不安になりますよね。

ドライバーは、ある一定の基準を満たした人しかなれません。

アプリには、ドライバーの口コミも載っているため、参考にしましょう。

また、車に位置情報追跡の探知機がついており、経路の履歴が残るようになっています。


 

ウーバーを使うメリット

アプリで好きな時間に、自分の行きたいところまで車を手配できます。

事前に経路や料金が確認でき、走行中も自分で位置情報が確認できます。

タクシーのように目的地まで迂回されて、ぼったくられたりする心配がありません。

また、支払いもアプリのクレジットカード決済のため、現金がなくても利用できます。

2. ウーバーの使い方

ウーバーのアプリをダウンロード

アプリは、日本でダウンロードしておきましょう。

もちろん、wi-fiがあれば海外でもダウンロードできますが、

旅行前に使えるようにしておくと便利です。

登録の際、ショートメールにシリアルナンバーが送られてくるので、そこから個人情報入力に進みます。

名前、メールアドレス、クレジットカード情報を入力し、準備は完了です。


 

ウーバーの予約の仕方

目的地を入力

まず、アプリを開いて、目的地を入力します。

迎えに来てほしい場所と目的地を入力します。

車種を選ぶ

ウーバーには車種が大きく分けて、7車種あります。

自分に合った車を選びましょう♪

1. Pool
  相乗りです。料金は安め。定員1〜2名。

2. UberX
  こちらがいわゆるウーバーです。一般的な乗用車です。定員1〜4名。

3. ハイヤー
  高級車です。少し値段が高めになります。定員1〜4名。

4. Black SUV
  高級車で定員がハイヤーより多めの1〜6名です。

5. UberXL
  高級車ではないですが、定員が1〜6名の大きめの車種です。

6. チャイルドシート
  チャイルドシート付きです。お子さん連れの方には嬉しいですよね。

7. WAV
  車イスでも乗車できる車種です。

予約を確定する

好きな車を選んだら、予約完了です!

決済はすでに登録したカードで自動精算してくれます。

財布やクレジットカードを出す必要はありません。

とーっても簡単です♪


 

ウーバーを利用した感想

ウーバーは思っていた以上に快適でした。

私達はニューヨーク旅行中、2回ウーバーを利用しました。

料金はこちら。

1回目
ホテル〜ホテル
移動距離:25キロ
移動時間:約40分
料金:81.13ドル

2回目
ホテル〜帰りの空港まで
移動距離:5キロ
移動時間:約10分
料金:9.32ドル

タクシーに全く劣りませんし、スムーズに目的地まで行けました。

料金は特別安いわけではありませんが、満足のいくドライブでした。

またニューヨークに行く機会があれば、ぜひウーバーを使いたいと思います。

まとめ

実際利用するまでは謎が多い、ウーバー。

使ってみると、とても快適で便利なサービスです。

ニューヨークに限らず、海外に行った際は皆さんもぜひ使ってみてください!

それでは、楽しいニューヨークの旅を。